スウェーデンでのバス生活

2019年02月07日(木) 19:29

UXいろいろ, ヨーロッパ所々方々, Malmö & Skåne, スウェーデン, マチとヒトの観察, リサーチャーの知恵袋
LIFE WITH BUSES IN SWEDEN
The bus we took yesterday was full, because it had been delayed. Even though it drove through an express way, some passengers including my husband had to keep standing. I also got suprised to witness a passenger paid the fare by a credit card. I have been biased. I never ever imagined to pay a bus fare by a credit card on a bus. And, 25% discount if I buy multiple tickets which was a delightful finding. What a big discount, and it would be helpful for our future guests who do not need to have the app or jojo card to travel around with me. Interesting scheme, isn't it?

昨夜、旦那の上司宅にお呼ばれして、美味しいご馳走をいただきました。一家が東京にいたときにはじめて会った当時はよちよち歩きだったお嬢さんが、すっかりお姉さんになっていて感慨深いです。

[1] 旦那の上司宅にお呼ばれ [2] お料理どれも美味しかった [3] 娘さん作 デザートプレート

そんな家族との交流を書くのかと思わせておいて、バスの話……笑。

[4] 高速バスですが立ち乗り [5] バス料金もクレカ払い可 [6] まとめ買いで25%引き

ご家族はMalmöにお住まいなので、Lundからバスを乗り継いで伺いました。うちから最寄りのバス停まではほんの100メートルですが、雨も降っているし、乗り損ねると15分待ちなので、ちょい早めに出発。なのに、バス停には、Malmöまで高速走って連れていってくれる131番のバスを待つ人がすでに列を作っていました。こんなに列ができるのは珍しい……と思っていたら案の定の遅延。結局15分くらい待ってやっと来たバスはほぼ満席で、わたしがラストの1席をいただいて、旦那は立ち。高速走るのに立ち。立ち乗りありだったんだーと、普通に驚きました。ま、乗車拒否されても困るんだけど。ちなみに遅延の原因は事故だったようです。

いろいろありつつですが、バス生活も悪くありません。以前、バスは完全キャッシュレスなので、しっかりチャージしたjojoカードがないと大変だからアプリを導入したよ!という話を書きましたが、先日、ふつうにクレジットカードでバス代を払っている乗客を目撃しました。バス代をクレカで払うという発想がなかったので、思わずガン見してしまった笑。たしかに、乗車時に支払う方法がないと乗れない人が続出しちゃいますもんね。キャッシュしか持っていないと乗せてもらえないので、結局乗れずじまいになる人もいるにはいるのだろうけど、まさかバス代もクレカで払えてしまえるとは驚いた。でもこれも、スピーディーにクレカ払いを受け付ける仕組みができているからこそ。運ちゃんがいちいち「クレジットカードお預かりします」とかやるんじゃなくて、乗客のほうが端末を操作してちゃちゃっと払えるようになっているから成り立つ仕組みですね。

それと、最近やっと気づいたのだけれど、2人分をまとめて購入すると料金が25%オフになります(写真[3])。割引き方がガツンとしてる笑。親が子どもの分をまとめて払うのは想像できたけど、夫婦とかお友だち同士とかでも、同じ旅程ならばまとめ買いができて、安くなります。ということは、たとえば日本から遊びに来たお友だちを連れて、一緒にコペンに行くとかいうときも、わたしがまとめて払えば済むので、旅人はアプリを使えるようにする必要も、jojoカードを準備する必要もないってことだ。なにげに便利っぽい。「電車代、返して」とかケチくさいことも言いにくいし、旅人はマルっとお得ということになります笑。

まだまだ知らないことがいっぱいのスウェーデン生活がすでに半年を過ぎましたけれど、明日、インターカルチュラル・トレーニングとかいうのを受けてきます。異文化の中で有意義に生活するための知恵を授けてくれるらしい。質問攻めにしてやるんだ笑。たのしみー。