タワーのお役目は?

2019年12月20日(金) 19:07

UXいろいろ, ヨーロッパ所々方々, 未分類, Skåne, スウェーデン, マチとヒトの観察
WHAT IS THE ROLE OF THE TOWER?
There is a storing reservoir nearby and it's a sacred spot for bird-watching lovers. That's why I imagined the tower would be for bird-watching. But, look at the other side of the tower! There is a huge agricultural land, and according to a Swede, the tower is for hunting wild boars that damage crops and nature. The preconceived notion of bird-watching prevented me from imagining the role of the tower correctly, and that's an important lesson.

最寄りの公園を突っ切って3キロくらい西へ行くとちょっとしたサイズの貯水池があります。そこにはいつもたくさんの鳥が来ていて、三脚にごっついカメラをのっけて待ち構えるバードウォッチャー達もよく見かけます。

その貯水池の脇に写真[1]のようなタワーが立っていて、階段の脇には池のほうを向いて座れるベンチも設置されています。だからなんとなく、このタワーはバードウォッチングの拠点として利用するのが目的なのだろうと想像していました。

[1] 貯水池のほとりのタワー [2] 逆から見ると奥に農地 [3] ここから猪をやっつける

しかし、さほど鳥の集まっていない郊外のちょっとした林をジョギングするときにも似たようなタワーをよく見かけるんです。そして先日クリスマスツリーを狩りにいった場所にもありました。子どもたちがずっとその上で遊んでいたのだけど、これはチャンスと思い、BBQしながら「あのタワーってなんのためにあるの?」と聞いてみたら、なんの迷いもなく「イノシシ狩りのためよ」って答えが返ってきた。まさに即答。「イノシシは放っておくとドンドン増えて、作物のみならず自然を破壊しまくってヤバイから、もっと狩って、食べれば良いんだよねー」って、スウェーデン人の口からこういう話が出てくるとは思っていなかったのですこし驚いたというのが正直なところです。

そして、貯水池とタワーのある環境をよく観察し直してみると、ありましたよ向こう側に農地が[2]。ついでに登って、上からの景色も確認しました[3]。貯水池ではなく、どちらかと言うとそっちの農地の方を見張り、ときにはイノシシをズドンッと殺るための高台だったんですねコレ。

先入観を持ってみると見誤るってことを体感しました。 バードウォッチング目的なら、高台に上がって目立つようなこと、むしろしないほうが良いよね、きっと。貯水池側だけでなく、タワーを囲む360度をしっかり見るべきだったし、上からの景色も見るべきだった。適当な観察は良くないぞ。