スウェーデンの自転車道

2019年04月08日(月) 18:17

UXいろいろ, 日本発信四方山話, ヨーロッパ所々方々, 東京, Malmö & Skåne, スウェーデン, マチとヒトの観察
BICYCLE ROAD NETWORK IN SWEDEN
Recognized an increasing amount of notifications for cyclists in Tokyo, but it reminded me how well the bicycle road network has been built in Sweden. The municipality suggests citizens traveling up to 15km by bicycle instead of driving a car for the environment and for our health. Though I don't have a bike, I am blessed with the bicycle road network with almost no signal when I run.

東京であちこち歩いたり走ったりしていて、サイクリスト向けの案内がずいぶんと増えたなーと感じました。横断歩道に並行して設けられていた自転車横断帯の撤去も進んでいますし、自転車は「車道が原則、歩道は例外」というルールの徹底に向かって……いるんだな、おそらく。

[1] 新宿で見かけた自転車道 [2] 自転車は車道が原則 [3] 交差点も車道をすすめ

でも、あれだけの交通量がある街で、子どもを前後に乗せたママチャリが車道を走る姿は想像するだけでコワイ。車を運転する側もさぞコワイことでしょう。

[4] Lund周辺自転車道マップ [5] 15キロまでは自転車で [6] マップの中身はこんな感じ

わたし達が暮らす Lund 界隈には、ビシッと自転車道が整備されていて、専用の自転車道マップ(写真[4][5][6])も配布されています。自転車は場所を取らないし、環境にやさしいし、健康にも良いからどんどん乗るように。ばっちり整備された自転車道を使って、15キロくらいまでは(車じゃなくて)自転車で行き来しなさいよ市民諸君!と、お達しが出ています(写真[5])。ちなみに、うちから Malmö までがちょうど15キロくらいだから、チャリ通勤/通学している人もたくさんいるんだろうな、きっと。知らんけど笑。

[7] 幹線道路沿いの自転車道 [8] 交差点に設置の標識 [9] 幹線道路を逸れていく道

自転車道は、車が行き交う道路の上や下を通り抜けられるように整備されているので、信号を気にすることなくビュンビュン行けます。なので、ジョギングにも持って来い。東京で走ると、坂と信号と人が多くてとても疲れるけれど、Lund では信号をほとんど気にすることなく、走り続けられるルートがたくさんあります。冬の間はずいぶんジョギングおさぼりしていましたが、これからは週3回を目標にがんばりまーす。