日曜日はミュージアムへ行こう!

2019年04月10日(水) 19:13

ヨーロッパ所々方々, Malmö & Skåne, スウェーデン
GO TO A MUSEUM ON SUNDAYS!
Going to IKEA or a nearby forest could be only options to do on Sundays, but I was wrong. Museums are open on Sundays!!! The first museum in Lund we chose was Skissernas Museum - Museum of Artistic Process and public Art. It seems to be well known with the biggest collection of draft sketches by various artists, but the founder's intention was to create an archive of the creative process, and that's why there were not only sketches. No wonder now, and I enjoyed observing a pair of frogs from various directions.

日曜日にはお店の多くが閉まるので、IKEAか森に行くしかないと思い込んでいましたが、美術館や博物館は世界基準(があるのかどうか知らんが)にならって日曜日も開いていることに気づきました。半年かかったけど笑。

[1] 美術館の前庭アート1 [2] 美術館の前庭アート2 [3] 美術館の前庭アート3
[4] こんなスケッチのあとに… [5] こんなんできました的な [6] スケッチたくさんあります

ということで、日曜日はミュージアムへ行こう!第一弾。Lund が密かに世界に誇る Skissernas Museum へ行ってみました。直訳すると「スケッチ美術館」です。アーティストが創作の過程で行うスケッチを集めた美術館という触れ込みを信じたまんま見に行ったら、スケッチばっかりという感じでもなくて多少の違和感を覚える……。

で、いろいろ調べてみたら(行く前に調べろって笑)、Lund大学でアートヒストリーを教えていた Ragnar Josephson 教授が1934年に開設にこぎつけた美術館で、「His intention was to create an archive of the creative process, the artist’s path from the first draft of an idea to the final work」というのがそもそもの意図だそうです。アートが完成するまでの過程を、出だしのスケッチからたどれるようにするアーカイブを作りたかったんですね。

[7] すんごい書き込みしてる [8] いろいろな段階の試作たち [9] 途中の試作が気になる…

とは言え、スケッチの保管件数が世界最大ということもあり、「Skissernas Museum/スケッチ美術館」という名で通ってしまっていますが、誤解を避けるためかWebサイトなどには「Museum of Artistic Process and Public Art」という副題?!みたいなのが添えられています。

そんな蘊蓄を気にせず芸術鑑賞をするつもりでいけば、カエルを全方位から観察できたりとかして楽しい美術館でした。規模もほどほどだし、併設のレストランが日曜日も営業してくれている!ので、間違えて日曜日にLundへ来てしまった観光客にもおすすめです。