京都じゃなくて大津に寄り道

2018年07月13日(金) 20:00

UXいろいろ, 日本発信四方山話, マチとヒトの観察, 泊まるコトコロ, 滋賀
STOP BY OTSU, NOT KYOTO
My destination was not Kyoto, exactly. I decided to have a quick stay at Hotel Koo, a newly opened hotel in a shopping district in Otsu as a project to economically revitalize the area by professional carpenters. It is located only 2 stops away from Kyoto, and lake Biwa, the biggest lake in Japan, is within walking distance. You may get a big discount during the pre-opening period, so why don’t you plan this summer visiting Kyoto, but staying in Otsu more reasonably.

そうだ 京都、寄ろう。って、一度言って(書いて)みたかったんですよねー。で、先日それを決行したのですが、寄り道の真の目的地は京都で新幹線を降りてから在来線に乗り換えて2駅の大津でした。2駅とは言えすでに京都ではない。京都は乗り換えただけ。京都には寄っていません、ゴメンナサイ。

自遊人さん運営の新しいホテルがオープンしたのです。商店街HOTEL 講 大津百町。大工集団の町おこしプロジェクトとして話題のホテルです。8月10日のグランドオープンに先駆けてプレオープンしてまして、今なら少しお安く泊まれるのです。わたし、そういう情報を目ざとく見つけるタイプでして笑。準備がいろいろとまだのようで、Webサイトも作りかけだったり、肝心のお部屋のページはリンクが壊れていて見られなかったりしますが、そういうのはおいおい整っていくことでしょう。玄関はいってすぐのところの空間に設えられているシャレオツ過ぎる椅子に座ってまったりするという夢を実現すべく大正期に建てられた長屋が土台の“萬屋”に、おひとり様で滞在するという贅沢を、福岡出張の帰り道に敢行です。がんばって仕事した後のご褒美なのだ。

[1] 朝なので人いないけど商店街 [2] 駅から一番遠い萬屋 [3] この玄関脇の空間が極上
[4] 二階にも素敵な部屋と椅子 [5] 古い意匠も活用しつつ [6] 家具と照明はモダン
[7] 最近定番のBALMUDA [8] タイルに囲まれた桧風呂 [9] 中庭の風情も上々
[10] 朝の散歩に琵琶湖疎水 [11] この水が京都までとどく [12] そして琵琶湖キラキラ

もうほんと、1泊で帰るのは大変名残惜しく、後ろ髪を引かれながら泣く泣くの帰京(京都ではなく東京へ)となりました。それでも朝は早起きをして、近所の長等神社を参拝し、琵琶湖疎水を横に見ながら琵琶湖へ。お初にお目にかかる琵琶湖はキラキラでした。いつかまたゆっくり行きたいです。商店街HOTEL 講 大津百町の別の町屋にも泊まりたい。京都市内のバカ高いホテルに泊まるより、こっちのほうが断然オススメですよ、みなさん。

そして次のねらいは、同じく自遊人さんがオープンする箱根本箱。うーん、しかし7/23に日本を発つことが決まってしまったのだった。秋の一時帰国のときに行くしかないな、またひとりで。うん。